佐藤油脂工業では、品質が高く、純度の高い日本製の材料を使い、
日本製のローソク・キャンドルを生産しております。

国産(日本製)にこだわる理由

現在は、様々な材料が選べる時代になっています。
弊社では創業以来「原料から製造過程までのすべて日本製」を続け品質維持を守っています。
ワックスに着色する際や燃焼の安定を求める場合にも厳しい規格の守られた原料の「安全安心」なものだけを使っています。
1本1本心を込めてほとんどの工程を丁寧に手作りし東京で作っております。


日本製ローソク・キャンドルの良いところ

国内精製された不純物の少ない高品質ワックスを使用しているので、燃焼の際のロウだれや、暑さによって曲がりなどが出にくくなり品質の安定した製品が製造できます。
また着色する場合にも、発色が良く香りを付ける際にも、安定していきわたらせることができます。


当社では芯も日本製を使用しております

芯糸は、原料の中でも重要な要素を占めております。
芯糸には織りがあり、その目が均等でないと燃焼にムラが出てしまいロウだれやすすの出る原因となってしまいます。
高い技術で織られた日本製の芯糸は、ムラが少なく安定した燃焼ができるため当社では日本製のものを使用しております。


オンリーワンの道具へのこだわり

なぜこのオンリーワン道具が必要なのか?
当社では今でもローソクの成型は昔と同じ製法で手作りしています。昔は、ローソク機械メーカーに発注して道具を作ってもらっていました。
しかし、丈夫な反面重量があり、またローソク成型に携わる者の細かな意見を反映することが難しく、なかなか思った通りのものができませんでした。
各機械それぞれの高さや幅、出来数も違うので、すべて同じ道具で補うには不利な部分も多かった訳です。
そこで、無いなら作ろうとメーカーならではの考えで、道具の自社制作を始めました。ローソクの成型には気温や湿度にもかなり左右されます。
しかし、成型機それぞれに見合ったオンリーワン道具を製作するようになってから細かな調整ができるようになり、気温や湿度にも左右されない品質の高い製品が作れるようになりました。


佐藤油脂工業のこだわり

材料はすべて日本国内の工場で生産された「日本製の蝋」、「日本製の芯」を使用して、純度の高いローソク・キャンドルを製造しています。

日本製の純度の高い蝋、芯を使うことによって、発色や色のこだわり(微妙な色使いなども)も対応が可能です。すべて手作りですので細部までこだわり抜いた品質を皆様にお届けできます。

純度が高く、品質も長持ちします。

東京足立区の工場で丁寧に手作りで製造しております。

ローソク・キャンドルの燃焼・品質は常に厳しくチェック管理し、お客様のご要望、ご期待にお応えできる高品質な日本製ローソク・キャンドルを提供しております。

完全手作りで、小ロットや納期のご要望にも対応するよう努力しております。

丁寧に手作業で仕分け・箱詰めし、皆様のもとへお届けいたします。

創業から日本製での生産にこだわり続けた佐藤油脂工業のローソク・キャンドルを
お使いいただき、品質の良さを実感してください。